2018年11月08日

【あはれをかしの物語】個展

12月5日〜10日
日本橋三越本店6階特選画廊
【あはれをかしの物語】個展出品作品より


          IMG_4316.JPG

          【かぐや姫昇天】

月の世界に還る、というのはいったいどういうこと?
米軍月駐留部隊に参加?・・・・・まさか
昇天し、星座に成りました、というのがコチラ。
額縁にも天の川を描き入れてみました。





         IMG_4296.JPG

         【天神様】

菅原道真公程、理不尽な扱いをされた高官は居ません。
群を抜く知性と教養に溢れた非の打ちどころなき人物でありましたが、
藤原一門でなかったのが唯一の欠点。
妬みを買い左遷!
都を想いつつ大宰府にて客死。
その直後から宮中を狙いすましたような天災が打ち続く・・・・

タタリじゃーー!

こう言う場合、怨霊の祟りを鎮めるには、神様に昇格戴くのが常道。
平将門もそうだった・・・・今では学問の神様としてそれはそれは
尊崇される偉い神様ですね。





         IMG_4140.JPG

         【秋霜】

紅葉は北の国から、高い山から降りてくる、
山地の鮮烈なる赤い紅葉は、このナナカマドが主役
それは真紅に、・・・・
晴れ渡る日よりも風が凪いで霧がかった様な日がキレイ





         IMG_4287.JPG

         【池の面の月】

伊勢物語、西の対より・・・
深く心に残る、もう今は会えない人・・
彼女はヤンゴトナイ世界に行ってしまった・・・
懐かしさのあまり逢瀬を重ねた屋敷を訪れてみたものの・・・
池の面に映る半月のみ仄かに揺れて・・・

月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ わが身ひとつは もとの身にして





         IMG_4145.JPG

         【蝉しぐれ】

濃き翠の中のウルサイほどの蝉しぐれの静寂




         IMG_4143.JPG

         【汀】

水際に佇む白鷺は、じっと、動かない・・・と思ったら
そーーっと足を差し出す、
ゆっくりと、前へ、そして、また動かない・・・
哲学者みたい、だが、エサ探してるだけだよ。





         IMG_4138.JPG

         【月下を行く】

月明かりの淡き光芒のなか、番いの白い鳥が、音もなく・・・どこかへ














posted by 絵師天山 at 00:07| Comment(0) | あはれをかしの物語展

2018年11月07日

【あはれをかしの物語】ー高橋天山日本画展ー

平成30年、12月5日〜10日 個展を開催いたします。
      於・・日本橋三越本店6階特選画廊
      8日午後二時からはギャラリートークショー
      【語リスト】平野啓子さんのライブ
      竹取物語を語って下さいます!




     IMG_4198.JPG

     竹取物語絵巻部分、
    

 ・・・・御心をたがひに慰め給ふほどに三年ばかりありて春のはじめよりかぐや姫 月のおもしろく出たるを見て常よりも物思ひたるさまなり。“いかで月を見ではあらん”とて猶、月出づれば出でゐつつなげき思へり。夕やみには物思はぬ気色なり、月の程に成りぬれば うちなげきなどす。


月の世界に還ることが近づくにつれ、月を仰いでは打ち嘆くばかり・・・・・


 かぐや姫の物語は、竹取の翁が大金持ちになることや、五人の貴公子が、それぞれの難題に立ち向かって悉くブザマな失敗に終わる事、迎えに来た月世界の天人達に人間の圧力・武力は全く通じず成すすべもなかった事。など、現実のシャバを生き抜く、いわば庶民サイドから見た描き方が多く、それに比べるとかぐや姫の魅力に天皇さえ我を忘れてしまう、とか人間世界の秩序を慮ったかぐや姫に却って周囲がいさめられたりする、とか不死の妙薬を焼いてしまった山が不死山=富士山の名のはじまりだった、などの事はあまり印象に残らない。つまり庶民感覚からすれば、やんごとなきあたりの「普通の我々には関わりのない部分?」は、あまり省みられず、むしろ現実生活の実感から伺える事柄の方がこの物語を走らせ続けて来た様に思えます。
 なにしろ奈良時代から平成の御世まで千数百年もの間語り継がれ、漠然とであっても“かぐや姫”を知らぬ人は今日無いくらい超有名な物語。

 この物語を絵巻にする考えは以前からあり、先人の作例を参考としつつ勿論人気の所以は庶民性にあるけれども、その本質は“やんごとない賢きあたり”に根差していて、大げさに言えば、宇宙の摂理を見て取れるからこそ、時代を越えて残されて来た、という視点を重視して試作することにしました。
 今の時代に常識とされることでも、不変ではあり得ない。それを思えば、長大な時の流れに呑み込まれてしまわぬよう、真髄を成すであろう普遍性に重きを与えること。絵画の魅力は、ここにありましょう。

 そして源氏物語。千年以上すたれることなく輝きを失わぬ理由は、人情の本質が全く変わっていないから、であり、常識を超越しているからであり、理屈では計れないからであり、“もののあはれ”と総称する普遍性が満載されているからであります。
 【あはれをかしの物語】群。その行間から感じ取る映像。例え現実には見えないモノであっても、見えないからこそ、描きだす面白さがあり、そこに私なりの工夫があり、さらに共感という普遍性が生まれれば誠に幸いであります。


      ★






posted by 絵師天山 at 00:02| Comment(0) | あはれをかしの物語展

2018年11月03日

三越特選画廊4回目の個展


年末12月5日〜10日
日本橋三越本店6階特選画廊にて個展を開催します。
【あはれをかしの物語】ー高橋天山日本画展ー
・・・・・・この場では4回目の個展


竹取物語絵巻、春秋遊楽図、竹取、遊魂・和泉式部、
月明・紫式部、夢中落花・小野小町、源氏物語小屏風、
かぐや姫、掛け軸・不二山、・・・・
他6号20点、寸松庵色紙20点、の小品を含め50点の展示。


竹取物語絵巻は10メートルに迫る、長さ。・・・・・
冒頭の竹林から、昇天のシーンまで、

      

     IMG_4156.JPG




     IMG_4157.JPG




     IMG_4165.JPG




     IMG_4166.JPG




     IMG_4168.JPG




     IMG_4169.JPG




50点揃えるのに苦心していた御蔭で、ブログ?どころではありませんでしたが、漸く完成。
今は、図録が出来るのを待っているところです。


例年なら、11月3日は、明治神宮へご参拝するのが通例でしたが、
今年は、個展開催を御報告に伊勢神宮へ、英虞湾の宿で英気を養い
次いで吉野山の紅葉を愛で、吉野神宮へ詣で、後醍醐天皇にも御報告。
牡丹鍋に舌鼓・・・・


日本橋三越本店からのごあいさつ、に、


このたび、日本橋三越本店では「あはれをかしの物語・高橋天山日本画展」を開催致します。
1953年、東京に生まれた高橋氏は、東京造形大に学んだ後、院展の風景画の巨匠、故・今野忠一に師事しました。洋画から転じた独自の人物画、風景画で頭角を現し、1999年には院展同人に推挙されました。
2008年には天山と号を改め、一貫して、あはれをかし
な日本古来の優美な物語世界を追求しています。
2014年には、古事記に題を採った「日本神代絵巻」を、式年遷宮で湧く伊勢神宮へ奉納するなど、その活躍はますます悠久の時空を超えた広がりを見せています。
本展では、院展出品作、源氏物語屏風、竹取物語絵巻をはじめ、大作から小品まで約50点で、近年の集大成ともいえる壮大な雅の世界を展開いたします。なにとぞ御高覧賜りたくご案内申し上げます。




と、
ここ十数年、雅の世界を追い求めてきた、還暦を過ぎた稔り?としての50点であります。
御高覧お待ちしています!








posted by 絵師天山 at 23:23| Comment(0) | あはれをかしの物語展