2015年02月02日

理想美術館 4  鏑木清方作 【築地明石町】


鏑木清方作 【築地明石町】


神宮外苑の聖徳記念絵画館に初めて伺った折、その立派なたたずまいに驚かされ・・・さらに、
清方描くところの昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)の大作の前に立って、心底感心させられたものでした。
昭憲皇太后さまが女官を従え、遠く明治天皇が行幸されている地の方角に飛び去ってゆく雁の群れをご覧あそばして、ご安否を気遣う・・・・という作柄、
空を見上げつつ遠方の地に思いを馳せるその御心が実に美しく冴え冴えと描きだされており、お袴の緋色が萩の葉群れと対照を成して、それは見事・・・頭の下る思いでした。



             IMG_4590.JPG





聖徳記念絵画館造営が決まった時、数十人の絵師に明治天皇の御事績を絵画化させてその徳を称える、・・・事となり、抜擢されたのは当代の名人達。
紆余曲折がありまして、当時の名画人とされていた人でも選に漏れた人や、事情があって参加し得なかった絵師などが居た中で、鏑木清方はむしろピンチヒッターくらいの位置であり、まだ若かった・・・けれどその実力ゆえに選ばれた。


今になって見れば、この作品があるのとないのとでは随分印象が違う。あの壮麗なる聖徳絵画館の価値さえ左右しかねない名画と言っても宜しい。・・・後の名声はむしろ当然。

清方ならでは届かない境地を披露してあますところがありません。

上村松園の陰に隠れがちだが、ホントの美人画を描けるのはこの方をおいて余人なし。
何と云われようと、女の描く美人画より男性が描く方が良いに決まってます。

以前から鏑木清方描くところの美人は大好きでしたが、
清方作品で私が一番欲しいのはコチラ、



           


          tukiji 1.jpg      
           
      鏑木清方作 築地明石町





       

        

        tukiji 2.jpg

         同 部分





        tukiji3.jpg

          同 部分





        tukiji4.jpg

           同 部分







御本人の著書【こしかたの記】より抜粋いたします。



・・・・筑波の見える画室で、はじめての帝展作は第8回にだした 【築地明石町】であった。
外国人居留地であった明石町の風光は、私がうしろ紐の頃から、目にも心にも滲み透っている云はば理想郷のやうなものであった。
水色ペンキ塗りの木柵にからむ朝顔も決して作為のものではない。東京湾の波しぶきが直にひたひたと寄せる岸部には波除の堤が長く続いてそこには昼顔や野菊の花が穂を描いた薄尾花の根を綴る。

林立したマストは近海通ひの商船でたまたまこれが夕しほの満ちてくるころともなれば、吹き鳴らす汽笛のひびき、磯の香りが漂ふ巷に流れて、淡い哀愁に包まれる。

明治40年頃の読売誌に出た露伴先生の「空うつ波」の中に出てくるおトウといふ才色のすぐれた女性の、その名も珍しいが、日常よい物好きを凝らして、居間にあれば是真が蒔絵をした桐胴の手あぶりに手を翳すといふ描写に従ってその口絵に書いたこともある。

遠く回想する明石町の立ち込めた朝霧の中に、ふとこの俤が浮かぶと共に、知人江木ませ子さんの、睫の濃い濡色の瞳が見えて、さうしてそこに姿を成した。
この人は妻の同窓で、夫君定男さんも知己なり、泉君に頼まれて絵の指南もした間柄なので画室に招いて親しく面影を写しとどめた。
画面の袖を掻き合わせて顧みる立ち姿は娘の清子を写したが、後にこの絵がパリで展観されたとき、ませ子さんの令嬢妙子さんが嫁いでその地に居合わせ、学友の清子に思ひがけなく異郷で母の俤にめぐり合った喜びを伝へてきた。
夜会結び、また夜会巻と云った束髪は夜会の名にすぐ鹿鳴館時代を連想させるが、やはりその後に山の手の中産階級以上に久しく行はれた。
いかにも明治を思はせ、知性を偲ぶかたちである。

私のこの作品は、作者にも予想されないほど観衆への反響が大きく、博多人形になって遠隔の地まで分布されたときく。
この以前文展末期には歳の市の羽子板にその秋の文展出品で人気を呼んだものの押し絵を競って列べた。
かういうことを芸術家の誇りとも思はないが、別に冒涜だなどとも考へない。
文部省が官展をこしらへた最初に先づ美術の振興と、奨励を志したのは当然だが、凡ての芸術は見るか、読むか、聴くかの相手があって機能が動く。
古人は、百年河清を俟つなどと云ってゐるが、凡人には自分の筆に成ったものが、直接に人の心を動かし、和めたり、清めたりした時には、こちらも亦慰められたり、救はれたりする。
そんな時にはその職分に尽す医師や看護婦の気持ちもわかるやうな気がする。

私のつけた画題のことに及ぶが、手許にある地図を見ると、どれも、明石町は築地の名をせてはゐない。
築地川以東の南小田原町、南飯田町は通称向築地と呼んでゐた。
それと境を接する明石町ではあるが、正しくは京橋区明石町であらう。

私は語呂と実感から敢えてさう名づけたがその後電車の方向標に築地明石町ゆきとあったのを覚えてゐる方もあらう。

・・・・・・・昭和二年八回の帝展では、【築地明石町】が帝国美術院賞に選定された。・・






何とも・・美しい・・・

コチラも是非、理想美術館に加えたい一点であります。









posted by 絵師天山 at 08:00| Comment(1) | 理想美術館

2015年01月27日

理想美術館 3  藤原信実作 【三十六歌仙絵巻】断簡 斎宮女御



      IMG_6063.JPG

    藤原信実作 【三十六歌仙絵巻】断簡、斎宮女御




藤原信実(のぶざね)は垂涎の師表的存在。
私にとって終ることのない師匠であります。
勿論現世では故今野忠一画伯こそ私の師匠でありましたが、
時空を超えた、師中の師は、この御方。


三十六歌仙には、五人の女性がおられまして、
小野小町、小大君、伊勢、中務、そして唯一の内親王殿下がコチラの斎宮女御さま。


小野小町は絶世の美女とされていますし、他の面々も勿論いずれ劣らぬ菖蒲か杜若・・・立てば芍薬座ればボタン、歩く姿は百合の花・・・とか・・・

唯一の皇族として殊に際立つ斎宮女御さまは、いったいどんな御方??

御存じない向きにまたまたうんちくを・・・どうぞ。

ウィキより

徽子女王(きし(よしこ)じょおう、延長7年(929年) - 寛和元年(985年))は平安時代中期の皇族、歌人。二品式部卿宮重明親王の第1王女(醍醐天皇の皇孫)。母は藤原忠平(貞信公)の次女寛子。朱雀天皇朝の伊勢斎宮、八歳にして三品、のち村上天皇女御となる(23歳)。斎宮を退下の後に女御に召されたことから、斎宮女御と称され、また承香殿女御、式部卿の女御とも称された。三十六歌仙および女房三十六歌仙の1人。



ホントに美しい絵です。

斎宮女御さまご自身が美しい御方であった故でありましょうが・・・・
モデルの美しさをこの作品に昇華した信実様のお手柄!!
しかも信実が生きた時代は平安末期から鎌倉初期・・・二百年以上も前の美人内親王様がこの斎宮女御でありました。・・・実は、逢ったことも見たこともない・・・・お相手。

この創意の素晴らしさに比べればモンナリーサも馬鹿らしいくらい霞む・・・段違い平行棒!!!


私の理想美術館にはなくてはならないのがこの佐竹本三十六歌仙絵巻全図であります。
全図と言いましたが、百歩譲って、女性三十六歌仙全図でも宜しい!!


佐竹本というのは佐竹藩が長年所有していたから付いた呼び名・・・で、佐竹藩というのは秋田県南部、由利あたりの大名で、かの本田正純の晩年を預かった事で知られています。
佐竹家は時代を紡いだ側、影の実力者でありました。
この絵巻を所有していたことだけでも、裏の立役者であることは明白!

・・・事実上の権力中枢。


時代は下って・・・大正の御代、
物質文明の寵児と目される財閥台頭時代・・・
この絵巻は財閥の頭目同志によって切断され・・・奪い合いに・・・

男モノの歌仙図で一億円!
女モノなら二億円!!!!

〆て四十億円!!!!

斎宮女御は、別格!四億!!!!!・・・とも言われ、くじ引きの結果・・・
益田鈍翁の手に!!
言いだしっぺの頭目の手に最高級品が入るのは・・・
ホント?八百長??


どっちでも宜しい!
それほどまでに騒がれた美術品は、日本の歴史にそうはありません。

騒がしい娑婆とはまるで無関係にこの絵巻断簡は存在し続け、
今日も尚、全く同じ光を発し続けているのです。

どうです!この美しさ、この品位!

品という言語はこの作品の為にある!
正に絶品!






          IMG_6062.JPG

 藤原信実作 【三十六歌仙絵巻】断簡、斎宮女御 部分






琴の音に峯の松風かよふらしいづれの緒よりしらべそめけむ


慎み深い素敵な和歌が添えられて、琴の名手、・・・実は、控え目な御性格。・・・・それでも、娑婆では・・・・源氏物語六条御息所のモデルと言われている御方であります。















posted by 絵師天山 at 06:00| Comment(2) | 理想美術館

2015年01月26日

理想美術館 2   菱田春草作 【児島高徳】




           IMG_5960.JPG

       菱田春草作 【児島高徳】






児島高徳(こじまたかのり)と云う人を知っていますか?
御存じない方の為にうんちくを少し・・・








ウィキより・・・・
元弘2年(1332年)、後醍醐天皇は、先の元弘の変に敗れ隠岐へ遠流となる。この時高徳は、播磨・備前国境の船坂山において、一族郎党二百余騎で佐々木導譽ら率いる五百騎の天皇護送団を強襲、後醍醐天皇の奪還を画策するが、天皇一行の移動ルート誤判によって失敗に終わる。 高徳は天皇一行を播磨・美作国境の杉坂まで追うものの、その時既に天皇一行は院庄(現在の岡山県津山市)付近へ達しており、完全な作戦ミスの前に軍勢は雲散霧消してしまった。

その際、高徳ただ一人が天皇の奪還を諦めず、夜になって院庄の天皇行在所・美作守護館の厳重な警備を潜り侵入する。やがて天皇宿舎付近へ迫るも、それまでの警備とは段違いな警護の前に天皇の奪還を断念、傍にあった桜の木へ「天莫空勾践 時非無范蠡」(天は春秋時代の越王・勾践に対するように、決して帝をお見捨てにはなりません。きっと范蠡の如き忠臣が現れ、必ずや帝をお助けする事でしょう)という漢詩を彫り書き入れ、その意志と共に天皇を勇気付けたという。

因みに、朝になってこの桜の木に彫られた漢詩を発見した兵士は何と書いてあるのか解せず、外が騒々しい為に何事か仔細を聞いた後醍醐天皇のみこの漢詩の意味が理解できたという。

この時彫られた「天勾践を空しうすること莫れ、時に范蠡の無きにしも非ず」の言葉通り、翌年に名和長年ら名和氏の導きにより天皇が隠岐を脱出、伯耆国船上山において挙兵した際には、高徳も養父・範長とともに赴いて幕府軍と戦い戦功を挙げたとされるが、その論功行賞の記録には高徳の名前が無く、児島高徳否定説の根拠とされている。・・・・・・



 ★≪天皇陛下の忠実なる臣民であるという自覚≫は、明治の日本人に共有されたごくごく当たり前の感覚でした。
当時の人々にとって明治天皇は、神様であり、祖先様であり、親とも慕う・・・御存在。
日本という国が天皇を中心とした大家族の様であった時代・・・・
代々勤皇の家系の出であった水戸藩の横山大観も、信州飯田の勤皇家に生まれた菱田春草も、勿論共に、明治人を代表する熱烈なる精神の持ち主であります。

明治6年(1873年)8月発行の弐円紙幣表面には、右側に稲村ヶ崎で太刀を奉じる新田義貞が描かれ、左側には桜の木に詩を墨書する高徳が描かれていたくらいで、いずれも、大東亜戦争終結まで教科書で取り上げられ、知らぬ人は居ないくらい有名なエピソードでありました。

「天勾践を空しうすること莫れ、時に范蠡の無きにしも非ず」

てんこうせんをむなしうすることなかれ、ときにはんれいのなきにしもあらず

天は春秋時代の越王・勾践に対するように、決して帝をお見捨てにはなりません。きっと范蠡の如き忠臣が現れ、必ずや帝をお助けする事でしょう!・・・という漢詩を彫り書き入れ、その意志と共に天皇を勇気付けた・・・・そのシーンを大天才菱田春草が描いたのがこの作品


桜の大木の幹に向って何やら書こうとしているのが児島高徳様。

春の気配が横溢していて、難しそうな話であるけれど、柔らかな日差しさえ感じるような温かさが溢れている・・・
全く名人芸ですね。

部分図を拡大してみて下さい。
凛々しい?・・と云うより可愛らしい?
菰に身を包んで体型がはっきり見えず
丸くて白いクマさん?みたい・・・
黒い烏帽子と太刀と沓とが印象的。




             IMG_5961.JPG

          菱田春草作 【児島高徳】同部分




しかしもう少し突っ込んで観ると
やはり可愛らしさよりも凛々しさが立つ・・・
忠良という潔癖なる初々しさと、並々ならぬ決意とをこの姿形から感じる・・・・


白と黒、曲線と直線という相反する性質を掛け合わせた・・・ケンカさせた、
それ故の強さ・・・が、どこまでも柔らかい桜の気配をしっかり破っている・・・・

全く神技そのもの・・・見事です!!!


これまた理想美術館に是非揃えたい逸品!!

ですが・・・、現在この作品は有名なせんべ屋(播磨屋)さんの所有になっていて・・・
児島高徳の故郷に近い所に本社がありまして、全国にファンを持つオカキの専門店。
ホントに美味しいですよ、このせんべ屋さんのお品は!!!

・・今のところ美味しいせんべだけ楽しくいただいております。








posted by 絵師天山 at 06:00| Comment(4) | 理想美術館

2015年01月25日

理想美術館 1  横山大観作 【大楠公】



今年から新しく【理想美術館】と題しまして、
コレハ!と言う傑作品をここに提示し、
思うままに推奨させていただきます。

私の夢は、
自分の作品だけを並べた美術館の実現ですが、
その夢の美術館にも、実は自分の絵だけではなく、
本当に心底・・・惚れた、人様の作品も・・・・・
隅っこの方には並べてやろうか?!
・・・・とも思うのです。

大好きな菱田春草作品は勿論ですが、
夢の美術館は、環境も設定もすべて自分好み、
デザインも建築も庭園も設備も・・・何もかも、
すべて≪自分にとっての完璧な美術館≫ですから、
本当は自分が描いた傑作品だけを並べて、
そのひとつづつの作品を観る人が
一点一点に魅了されてしまい・・・
いつまでも動けない・・・!!!

・・・是非、そうありたいと思いますが、・・・・・
しかし、自分がその美術館を巡るとしたら・・・
自分の絵ばかりでは自分が飽きるかなぁー・・・・・
とも思うので、
時々は人様の作品が、勿論大好きな作品が混ざっていたら、
それは楽しいに決まっている!!と思うのです。


理想美術館とでも言いましょうか、
自分にとってめちゃくちゃ都合の良い美術館を夢想しながら、一つづつ、一作づつ、ゆっくり語って参ろう
・・と言う試みです。

どうぞ、御ゆるりと・・・お付き合い願いましょう・・・




一回目は、当然の事ながら、横山大観先生のお作品です



大観先生は私共院展作家だけではなく、
日本画を志しているものが、折に触れてその業績を辿り、良き道標として仰ぐべき高き存在であることは間違いありません。勿論私も当然ながら師表としてかけがえのない御方と景仰しております。


富士山の作品が大変に多く、定評があり、そのどれもが雄大で荘重・・・行くところ可成らざるなき作風なんでありますけれど・・・実は、私が好きなのは大観先生描くところの人物画。

なんですね。



          IMG_5941.JPG

            横山大観作 【大楠公】



世間で定評のある富士山作品よりも例えばこの作品【大楠公】などは、もう、大好き!!
垂涎の的!ナンデあります。


明快なる色彩構図、威風堂々、
「私」のないお姿はまことにこの様であったのではないか・・・と胸高鳴る思い。

定評があると言うのは一流の証拠ではありますけれど、
描いている本人は、定評ばかり要求されて、生産マシーンみたいになると
辟易・・・・、余程の修養が培われていなければ、それこそ粗製乱造の誹りを免れない。

大観先生はさすがそんな低レベルではありませんが、
この【大楠公】のお作品は大観先生唯一の武者絵でありますそうで、
定評とはいささか趣が違うけれども、【大楠公】と言う稀有なる歴史的英雄の気、と言ったモノを素晴らしく感じる。それこそ楠木正成ほど公に生きた人は無二であるとされるくらいですから、その気配が溢れていなければならない訳ですね。

一般的に言われている武者絵というジャンルに小さくまとめて入れてしまうのは惜しいくらい、人間の理想の姿というものが顕わされていると思うのです。

人というのは、ここまで行けるものなのだ・・・と言う思いを湧かせてくれる・・・

これはこれは、実に実に素晴らしい出来ばえ!!・・なんであります。


湊川神社の所蔵となっていますから、
(湊川神社の要請で大観が特別に謹製したから)
それこそ「私」の手に入るはずもありませんけれど・・・














posted by 絵師天山 at 20:55| Comment(3) | 理想美術館