2012年07月09日

岡山天満屋個展 みちのくを往く


  岡山での初個展 天満屋五階 美術画廊 の出品作品紹介です。

  7月25日から31日まで・・・・


  IMG_6941.JPG


【月の光】

 鳥海山鶴間池には、山人が泊まる為の無人小屋が有り、その夜は、風もなく、

 ただ神秘的な月光の下で、水鳥たちと共に一夜を過ごしたのです。





posted by 絵師天山 at 08:00| Comment(0) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年07月08日

岡山天満屋個展 みちのくを往く


  岡山での初個展 天満屋五階 美術画廊 の出品作品紹介です。

  7月25日から31日まで・・・・



  IMG_6937.JPG

  【日輪】

 古事記上巻を絵巻物に描く事となり、高天原のイメージを絵にすべく、高山取材を続けています。

 登れば必ず富士山の姿を仰ぐことに・・・・飛騨の山並みの向こうにさえ、まさかの出現でした。








posted by 絵師天山 at 08:00| Comment(0) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年07月07日

岡山天満屋個展 みちのくを往く


 個展作品ご紹介


 【はるか】


IMG_5598.JPG


 山の取材が続くと海に出たくなるもの。

 伊豆大島への航路を行く船にカモメが・・・・・

 広大な空間全てを背負って、悠々と舞い飛んでいました



posted by 絵師天山 at 08:00| Comment(0) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年07月06日

岡山天満屋個展 みちのくを往く


  岡山での初個展 天満屋五階 美術画廊 の出品作品紹介です。

  7月25日から31日まで・・・・


 IMG_7301.JPG

   【松島の曙】

 松島やああ松島や松島や  

 名句でおなじみ。日本でも指折りの景勝地、松島。

 幸い? に、津波の被害も少なかったのです。太平洋から登る朝日にしずかに浮かび上がります。










posted by 絵師天山 at 14:37| Comment(0) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年07月02日

岡山天満屋美術画廊での個展


  図録が出来上がりました。
  ギャラリートークも予定されています。

  どうぞ、ご高覧下さい。



  IMG_7903.JPG





タグ:天満屋
posted by 絵師天山 at 16:30| Comment(0) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年06月30日

みちのくを往く  岡山天満屋個展

 7月25日から31日、岡山の老舗百貨店 天満屋五階美術画廊にて、

 高橋天山個展 −みちのくを往くー 奥の細道抄

 が開催されます。
 
 


 松尾芭蕉の奥の細道の名句から触発された作品です。


 IMG_7289.JPG


   【あらたふと青葉若葉の日の光】





IMG_7290.JPG


【五月雨をあつめて早し最上川】





IMG_7291.JPG


    【雲の峰幾つ崩れて月の山】




IMG_7292.JPG


【暑き日を海に入れたり最上川】




IMG_7283.JPG


   【閑さや岩にしみいる蝉の声】






posted by 絵師天山 at 22:18| Comment(0) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年06月22日

みちのくを行く 高橋天山個展


 7月25日から31日、岡山の老舗百貨店 天満屋五階美術画廊にて、

 高橋天山個展 −みちのくを行くー 奥の細道抄

 が開催されます。

 
 

 出品作品を順次ご紹介してゆきましょう。


 まずは、松尾芭蕉の名句に触発されたサムホール小品の連作から御覧下さい。


IMG_7284.JPG

  【荒海や佐渡に横たふ天の川】




IMG_7285.JPG

【夏草や兵どもが夢の跡】



IMG_7286.JPG

  【五月雨を降りのこしてや光堂】




IMG_7287.JPG

【田一枚植えて立ち去る柳かな】



IMG_7288.JPG

  【象潟や雨に西施がねぶの花】




  合歓の花の盛りが始まります・・・







posted by 絵師天山 at 11:55| Comment(4) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年06月15日

第67回春の院展 山形展


 
  第67回春の院展が、山形天童市で開催されます。

  サクランボが、実る頃・・・緑溢れる・・・天童温泉へ、どうぞ。


 6月15日(金)〜6月24日(日)(10日間)

  
会場 : 天童市美術館

主催 : 山形新聞社、山形放送、日本美術院

開館時間:午前9時30分〜午後6時(入館は5時30分まで) 6月15日は開会式終了後すぐに開館します。
休館日:会期中無休
入館料:一般 500円(400円)、高校・大学生 300円(240円)、 小中学生 200円(160円)
()内は20名以上の団体


--------------------------------------------------------------------------------

サイン会
日本美術院同人
松本哲男、福王寺一彦、川瀬麿士
6月15日(金)午前10時30分頃から図録購入者のみ対象、先着50名、希望者の図録にサインします。

ギャラリートーク :
松本哲男、福王寺一彦、川瀬麿士 
6月15日(金)午前9時頃から
日本美術院特待 谷 善徳 
6月16日(土)午後2時から
日本美術院特待 番場三雄
6月17日(日)午後2時から
美術館学芸員 
6月15日(金)、24日(日)午後2時から



  天山作品は、【なよ竹のかぐや姫】

IMG_7029.JPG











posted by 絵師天山 at 12:32| Comment(4) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年05月28日

第67回春の院展 京都展のお知らせ


 札幌に引き続き・・・・

第67回春の院展京都展が開催されます。

5月30日(水)〜6月11日(月)(13日間)
 会場:京都高島屋グランドホール (7階)

  主催 : 京都新聞社、日本美術院

  入場料 : 一般800円(前売券600円)、
  大学・高校生(600円)中学生以下無料

ご高覧宜しくお願い致します。

天山作品は、【なよ竹のかぐや姫】



IMG_7029.JPG

部分です





≪ 作者コメント ≫



 “かぐや姫”は、実在の女性であります。

 何しろ“華なること世になく、屋の内は暗き処なく光満ちたる”限りなき美しさ。とか・・・・

 我が物にしようと言い寄って来た貴公子達は、いずれも玉砕。 この四人は実名で登場しますから、史実も含まれていることがうかがい知れるのです。

それにしても、何と素晴らしいファンタジーでしょう!

竹の中から輝くばかりに生まれ出で、人々の憧れを一身にあびて、あっという間に月の世界に帰ってしまうなんて・・・・



 美しいと言う事はすべてがゆるされる?

全てを許してしまうなら・・・・十二単を着せ、もはや天空に舞い上がり、輝く星座となってしまわれた、限りなく美しき、【なよ竹のかぐや姫】様を描いてみまたのです。











posted by 絵師天山 at 22:55| Comment(1) | アトリエ天山からのお知らせ

2012年05月12日

第67回春の院展 札幌展開催


 第67回春の院展 札幌 巡廻展開催中!!


 5月9日(水)〜5月14日(月)(6日間)
会場 : 札幌三越

主催 : 北海道新聞社、日本美術院

入場料 : 一般700円


 IMG_7029.JPG



どうぞ、お楽しみに。

 札幌は良い季節になりました・・・・




posted by 絵師天山 at 21:46| Comment(0) | アトリエ天山からのお知らせ