2011年08月04日

美校教員時代の菱田春草

IMG_2382.JPG


IMG_2383.JPG



【水鏡】について春草自身の評 続き 



 “さうして、紫陽花は七色に変わるという事で、赤から紫に、それから、終わりには空色になってしまって枯れてしまふ。紫陽花を天女にかたどって添へものにしたのです。色の配合も幾色もあるやうに、その調子で天女も描き、つまり、どちらも関係のあるやうに描いたつもりなのです。天女の色の取り合わせも、つまり、紫陽花からとったものです。”





こんなロマンチックな画想は、当時美校の共通した傾向で、恩師岡倉天心の影響といえましょう。





さらに、春草談、



“今の批評家たちは書物も見るし、考へても批判するが、まづ一つの考へがあって一様にそれでもってやるからだめだと思ひます。



 日本画で云へば線は必要なんだ。これを除けば日本画は西洋画に取られてしまふ。



 それに今の批評家は、線のことを不自然だとか何だとか、やかましくいふ。自分が批評家ならば、も少し広くやるつもりです。



 私は、美術学校の中で定めている一期、二期、三期、のうち、第二期の絵をやるつもり、すなはち純粋の日本画をやるつもりです。(中略)

 

 日本画の線の意味は、西洋画にあるが如き、物と空間の間。又は、色と色との間にある経界の線ではなくて、釈迦なら釈迦の円満な顔を描かうと思ふをりに、さふ思ふ意味が出るものが即ち線なのです。

 

 批評家がこれを不自然といふのは誤りです。



 画家の苦心する処、釈迦なら釈迦は偉い人だが、その、偉いといふことをどういふ風に画けば良いかといふ処にあるのです。

 

 つまり人が一人いる。これを滑稽の人に描かふか、真面目の人に描かふかといふ処に、例へていはば私等は苦心するのです。

 例へばきつい人があるとする、しかし、戦場に出てはきつい人だか平生の人物がきつい人か、温籍な人か、之を如何に描けばよいかに苦心する。



 他の納い処は皆そこから割り出して来るのです。”



 



 明治30年12月13日、この作品は、観山、大観、などの作品と共に、美術好きの明治天皇のご覧に供せられました。


















posted by 絵師天山 at 05:00| Comment(3) | 菱田春草

2011年08月03日

美校教員時代の菱田春草  

明治30年、春、

我等が菱田春草は、東京美術学校から、引き続き予備課程絵画の授業を委嘱されます。

その四月、日本絵画協会第二回共進会に【粘華微笑(ねんげびしょう)】を出品。


IMG_3513.JPG


銀賞牌第二席を獲得。

一席は観山の【光明皇后】でした。

後に重要文化財指定になる小堀鞆音の【武士】はこの時銅牌を受賞しており、今日の評価からすれば、観山の一席、春草の二席、共に【武士(もののふ)】に比べれば、いささか見劣りするのに受賞ランクは逆。面白いものです。

大観も同じく、春草もまた、生涯、露骨な宗教的題材をそのまま描く事は余り好まなかった様ですが、この作品は例外、といえましょうか。

ついで、9月。第三回共進会に出品した作品が【水鏡】であります。



IMG_2382.JPG

銅賞第7席と言うのですが、まあ、よろしいでしょう。最高賞に輝いたのは、又しても観山でした。
観山こそ天心一番のお気に入りであり、また年長者でもあったからだと思われます。

こういうことは、良くある事で、現在の院展でも、例えば最高賞の大観賞に輝いた作品よりも、奨励賞に甘んじた作品の方が絵として素晴らしかったりする事もあるもの。

価値観は流動しますから・・・・。


この【水鏡】は、現在では、春草卒業直後の優品とされていますが、当時の評価はあまり高いものではなかったようです。

この制作課程を間近かに目撃した溝口禎次郎の言葉が残っています。


“当時の制作に【水鏡】と言うのがある。私はあの執筆ぶりを見て痛く感心したものである。それは広い教場の中であの大きな画面を立てかけておき、小さな男が立って伸びるようにして描いているのである。それが極めて簡単に焼き筆を当てたかと思うと、何らの遅疑逡巡するところもなく、一気に描いてゆくのであるが、線状のこなし方の如き実に見事なものであった。人物を描き挙げ高と思うと今度は傍らへ紫陽花を描いたが、その紫陽花の如き、校庭から幾枝かを折ってきて傍らへ立てかけて置いたかと思うと、それを直に描いてしまったが大胆と言おうか、無造作と言おうか、その颯爽たる態度は恰も天馬空を駈けるの概があり私は痛く驚嘆したものである。”


しかし、世評は先の【粘華微笑】の方がずっと良く、【水鏡】評は、
“一人の天女がボンヤリ水辺に立てると言うまでにて、別に大した意味も何もあるものに非ず、想の下らなさ加減は孤月の馬よりも甚だし。”などと言うもの。


本人の評も残っています。

“水鏡の図ですか、あれは非常にしくじっていけなかったのですが、あれはつまりかういふ考へなんです。 大体をいへば美人はいつまでも美にあらず、終にはnへる時があると云ふ考へで、それで普通の美人を採らないで天女を採ったのは、天女衰相といふべきものなのでそれで水へ、つまり天女の相が映るのですが、映るにしても、上は立派に描きて、水へ映った方は衰へた汚いやうに描いたのです。西洋画の風に従へば、上の通りに下を立派に映さねばならんでしやうが私の考へでもって、下をきたなく描いたのです。色の調子でもって、下をきたなく描いたのを差し支えないようにするつもりであったのです。”


IMG_2384.JPG




以下続く








posted by 絵師天山 at 23:32| Comment(2) | 菱田春草

美校卒業時代の菱田春草  続き

 また、少しずつ春草と言う大天才を語ってゆきましょう。





★    ★    ★    ★    ★

 今から116年前。

 明治28年7月、東京美術学校第二期卒業生として、21歳の春草は、その本格的な画業を展開してゆきます。

 岡倉天心の創設した日本絵画協会第一回共進会で銅牌第四席を得たのが、春草のプロデビュー、だった事は、以前にお話しました。

小堀鞆音画伯の円熟した名作には遠く及ばずとも、なにしろ

 若干22歳。まだまだこれから!これから!

岡倉天心の意図は、自分で企画し作り上げたこの日本絵画協会の共進会から、優秀作品を生ましめ、さらにその中から、美術学校の絵画科授業を委嘱すべき者を選ぶことにありました。

結果、旧日本青年絵画協会側から、寺崎広業、小堀鞆音、山田敬中、美校出身者からは、菱田春草。を東京美術学校教員として委嘱する事となったのです。つまり、春草を師表に立たせる為に、色々と画策し苦心したのでした。実績のある3名と、全く未知数である春草と同列に置くのはいかに何でも大変な事。

だって、僅か23歳の春草を、いかに、天才であろうとも、明治天皇様が勅令によって生み出さしめた東京美術学校の教師とするには、校長天心と言えども、無理やりのごり押しは出来ないわけです。結果としては、ごり押しと同じくらい強引に春草を推したことになってしまいますが、最低限の“いきさつ”を作り上げての結果でした。

世の中と言うものは、不公平のように見えて、その実、実に公平である場合があります。

春草が大天才であることは、経営の大天才天心はとっくに見破っているんです。春草の大天才をどのように位置づけ、役割を与えて、国家の繁栄に反映させるか! 文部官僚、岡倉天心の腕の見せ所であります。

天心先生は、後で詳しく述べることもあろうかと思いますが、傑出した思想家、傑物、などと、現代では言われていますが、それ以前に、大変律儀な、大君の一臣下でありました。

 別に天心でなくとも、この明治大帝の時代は、誰でも当然のように、国家に尽くしきる人生以外に自己を表現する方法を知らない時代であったのです。

ともかく、天心の深謀遠慮によって、東京美術学校予備課程絵画の授業を向こう5ヶ月、週、25時間ずつ委嘱するという命が、若干23歳の若者、菱田春草に降りたのでした。



 月給30円。



 委嘱とは言え、僅か23歳卒業したばかりで、直ぐに母校の教師となったのですから、これは、歴史的な異例の出世。

トンデモナイ話です。ね。

先輩の下村観山は、明治27年3月に。

     西郷孤月は、明治29年4月に。

     横山大観は、明治29年5月に。

  それぞれ、母校助教授に任命されていました。

この前後、春草は本郷から天神町へと移り、英語とフランス語とを得意とする陶芸家宮永東山と、同居。以前の親友、天草神来とは、神来がお酒に耽溺するようになり、疎遠に。この東山との交流が、後の外遊の際に大いに役に立った、と、兄の為吉が語っています。

春草は、明治29年11月14日付けで、母校の教師となり、前日、これまで心血を注いで学んで来た数々の模写を母校に納めています。











posted by 絵師天山 at 05:00| Comment(2) | 菱田春草

2011年07月18日

没後100年 菱田春草展

   IMG_1965.JPG





長野の水野美術館で7月2日から、7月31日まで、

 水野コレクションによる、開館10周年特別企画展

 【没後100年菱田春草展】 が、開催されています。



 遅まきながらご紹介しましょう。



 ー春草作品一堂にー

 近代日本画壇に不滅の足跡を残した菱田春草(1874〜1911)。春草は、岡倉天心の「日本の伝統絵画を生かした新しい日本画を創造する」という理想の下、盟友横山大観らと革新的な絵画表現を試みます。これは「朦朧体」と呼ばれ激しく批判されますが、春草らは新しい日本画はこれ以外ないとの信念で、制作に打ち込みます。そこから、欧米外遊などを経て、江戸琳派に影響を受けた装飾的な独自の表現へと発展させてゆきますが、志半ば惜しくも37歳の若さで夭折してしまいます。

 本展は春草没後100年を記念し、水野コレクションの中でも郷土が誇る作家として、特に力を入れ蒐集してきた初期から晩年にいたる春草作品全てを展示。「新時代にふさわしい絵画」の創造に生涯を賭けた春草の画業を改めて見つめなおします。



 交通★JR長野駅下車、東口から長電バス約10分

      「日赤、水野美術館行き」終点下車

    ★上信越自動車道「長野インター」から15分

    рO26−229−6333

URL: http://w2.avis.ne.jp/~nihonga




IMG_2380.JPG

 【五郎時致(ごろうときむね)】 部分





IMG_2396.JPG

  【稲田姫】






IMG_2408.JPG

 【竹に猫】




IMG_2442.JPG

【春郊草摘み】




IMG_2442a.jpg

【同、部分】  


 避暑を兼ねて、長野へ春草に会いに行きましょう。












posted by 絵師天山 at 02:49| Comment(2) | 菱田春草

2011年07月03日

極上の春草展 ホンモノのセレブリティーが、ここに 鷺編その4 


  【秋汀】


IMG_2563.JPG

同、部分

IMG_2564.JPG

 水辺が恋しい時期になりました。

 生きとし生けるものすべての命を描きつくした菱田春草。常に我々の師表として、折に触れ振り返るべき日本画の原点とおもいます。

芙蓉の下、重なる鷺の美しいこと。空気感がたまりません。残暑の頃に咲く花なんですが、暑い時期に涼やかな白鷺を取り合わせているんですね。



 【風】

IMG_2516(1).JPG

 続いて、風をはらんだ作品。

 風に押されて、あやうく飛び舞う白鷺を実に上手く捕らえているでしょう。あおられる樹木の色も涼やかです。





   

 【湖畔の雨】  

IMG_2522(1).JPG



 じっと、雨をしのいでいる姿。孤影の強い印象を使っています。







 【鷺】

IMG_2523.JPG


樹間の足元に・・・。



posted by 絵師天山 at 05:00| Comment(0) | 菱田春草

2011年06月27日

美校卒業時代の菱田春草


 東京美術学校を卒業した菱田春草は、岡倉天心校長に特別なる期待をされていたものの、兄からの仕送りも絶え、画家として立つにはあまりにも若すぎました。ちゃんとした職は、小学校の絵の先生くらい。大天才春草にはちょっと向いてはいませんね。

明治天皇の勅命で開校された東京美術学校を優等で卒業した第二期生でありますから、おおいに嘱望されていたとは言え、その期待に相応しいポジションが、まだ存在していなかったのです。

そこで、経営手腕に長けた岡倉校長は、春草や、当時期待していた人材をより高めるべく次なる手を打ち始めます。

天心は、当時校長と同時に帝国博物館理事を兼任、同館美術部長の職にあり、古画の模写を委嘱する、ということで春草等優秀な美校卒業生に仕事を与えました。

春草、大観など、抜てきされた人にとってこれは実に効果的。

学びながらいくばくかの糧にもなる。

良く言われる言葉、“お金を貰って勉強できるのがプロ!” プロ、アマ、の差を指した名言ですね。

天心は将来の日本美術を見通して、こうでなければならん、こうあらねば、と、企図したことを直ちに実行に移す行動力と手腕と信念に基ずく明晰な頭脳を持っていたのです。経営の大天才、としての天心の本領が発揮されつつありました。

しかも、時は、明治大帝の御世。日本国が日本らしく世界にその存在を示しつつある、といういわば、上り坂。上げ潮、の時代でもありました。国民一般が世界の中の日本国家と言う意識を持ち始めていた時代です。

春草は、ともかくも、古画の模写を若い時に出来るという非常なる幸運を得たのです。

若い内に一流の作家の足跡を肌で味わう事の大切さは言うまでもありません。天才なればこそ、天才を知る。

日本青年絵画協会から、寺崎広業、小堀鞆音、など。

 美校卒業生から、横山大観、下村観山、西郷孤月、天草神来、菱田春草、など。

明治29年正月、春草は、観山、神来、等と共に、高野山に登り、古画の模写jに従事しました。

そのときの春草による模写が今に伝わっています。(伝、珍海作、文殊図)、修行僧たちと共に寝起きし、深い山懐で、沈黙の修行を積んだことでしょう。実に良い勉強です。

明治29年3月、天心は美校出身者を世に出すために、彼等を、日本青年絵画協会に入会させると共に、会名を日本絵画協会とお改め、会頭に公爵二条基弘を推し、自身は副会頭になって実権を掌握。

日本青年絵画協会は、既に4回の共進会を開いて実績を収めて来ましたが、この年9月。日本絵画協会第一回共進会が開かれました。

この共進会は、@東洋画法を維持するもの。A西洋の様式に基づくもの。B従来画法に拘わらず新たに開発を計ろうとするもの。三部組織にわけられていました。

つまり、@は、日本美術協会に属する保守的作家の参加を求め、Aは、黒田清輝、久米圭一郎等が組織した日本絵画協会の参加を求め、Bは、元の青年絵画協会会員と美校卒業生とを参加させたのです。 当時のめぼしい作家を糾合し、ソコヘ自分が育てた美校卒業生を組み入れたと言う訳。

実に、素晴らしい手腕ですね。新旧の切磋琢磨が期せずして興るという図式です。

この共進会に春草は、初めて【春草】の雅号を名乗ります。

行くところ可ならざるなき、大天才の華々しい門出といえましょう。

 「四季山水」 4点を出品。銅杯第四席を獲得。

 菱田春草、若干23歳。プロデビュー戦を飾りました。

まだ、橋本雅邦先生の訓育による狩野派風の作柄ですが、柔らかな春草らしい、味わいが既に胚胎されています。

この時、同時に出品された、小堀鞆音作、「経正詣竹生島図」も受賞しましたが、今でも、この作品はおおいに認められており高い完成度は、鞆音画伯の代表作、とされています。


EP003950[1].jpg


  正統派、武者絵の第一人者。小堀鞆音画伯らしい、実に端正な作品です。平経正(たいらのつねまさ)とは、平清盛の甥。



 平家の公達の一人であり、琵琶の名手でもありました。仁和寺から賜った名器【青山】をかき鳴らし、和歌にも堪能で、一の谷の合戦で戦士します。







 いかに大天才とは言え、春草の作品はまだまだ若く、本領発揮はこれから、大活躍の予兆に過ぎませんでした。











http://nihongaka.jp/こちらもどうぞご覧下さい。




posted by 絵師天山 at 13:45| Comment(2) | 菱田春草

2011年06月24日

極上の春草展 ホンモノのセレブリティーが、ここに 鷺編その3

夏の白鷺は、頭頂の羽が長く伸びて、いかにも優雅です。



水辺で獲物を狙っている姿は華麗そもの。

IMG_8540.JPG



IMG_8546.JPG



今回は、菱田春草在学中の作品と思われる鷺図をご紹介しましょう。



IMG_2546.JPG



IMG_2547.JPG




 サインが本名ですから、在学した当初の作品ではないかとおもわれます。



 面白い事に、鷺の表現以外は、狩野派だという事。

水辺の植物も、足場の岩も、水面も、引き立て役としての背景すべてが、輪郭線を誇張してその骨格に色付けすると云う、典型的な狩野派風。型にはまっています。



 橋本雅邦の訓育を受けていた当初ではあるし、学生なのですから、先生の指導宜しく及第点を頂くべく努力したのでしょう。



 が、しかし、さすが、春草。

狩野派の《古臭さ》を当然の様に感じており、主役の白鷺だけは、写実にしっかりと裏づけされた、独自の表現をしているのです。形式的に描くとすれば、どこかぎこちない、わざとらしい鷺になってしまうものが、本能的に、活きた表現を志向してしまったものと見えます。



 狩野派の形骸に囚われてはいないのです。



 別に特別意識してはいなかったでしょう。背景は狩野派的形式化されているのだから、むしろ、ご本人は、主役の鷺も、狩野風にするつもりだったかもしれません。

 ところが、主役を描くに当たって、当然実物や、剥製など、観察できるものは精一杯見ているでしょうし、とにかく、美しい生き物なのだから、いざ、表現するに当たって、つい、地が出て、迫真の描出をしてしまったもののようなのです。



 なんでもないようですが、円熟されてきた表現と少しも変わらない、学生のレベルではありません。指導された部分、(背景)こそ、惜しい。何も教える事はないのです、大天才を型にはめてしまったわけですから。



 拡大図をご覧下さい、云わずとも、すべてを語っていますね。









http://nihongaka.jp/こちらもご覧下さい。





posted by 絵師天山 at 06:24| Comment(0) | 菱田春草

2011年06月22日

極上の春草展 ホンモノのセレブリティーが、ここに 鷺編その2


IMG_2537.JPG

【月下飛鷺】 ≪陸離≫  (クリックを重ねてください、かなり大きくなって見易くなります)


 間違いなく、春草描くところの鷺の図の中で、ダントツに素晴らしい作品がこれ。

 春草にも、出来不出来はあります。観賞する側の好き嫌いもあります。が、・・・しかし・・・
 この作品は、そのくらいの事で左右されるものではなく圧倒的な美しさに満ち溢れているのです。

 月の光が、薄絹の様な、羽毛のような、繊細で、どこまでも柔らかく、深遠微妙。


 
 IMG_2538.JPG


 IMG_2539.JPG


IMG_2540.JPG


IMG_2541.JPG



何と言う美しさでしょうか。羽毛が月の光を浴びて、ふくよかに輝いています。
 技もさることながら、この感覚的な鋭さ、確かさは、いったい・・・・。

 実に実に残念ですが、映像の限界。ホンモノを見なければ、この美しさは享受できません。が、
 こんなささやかな映像でも、これ程深い心象を感じるという事が、この作品の高さを証明している
 ともいえましょう。

 平成26年、北の丸の国立近代美術館で、実物を拝見するのがホント、楽しみですね。


 ちなみに、この作品は、日本美術院草創期、谷中にて、天心先生が示唆したテーマを、皆で、研究し、作品化し、持ち寄って合同の批評会をする。と言う勉強の一環として描かれたものと言うことがわかっています。

 ゆえに、副題として≪陸離≫ とつけられているので、つまり、この折に出された御題が、【陸離】、であり、大観も観山も武山も、陸離と云うイメージでそれぞれに作画して、切磋琢磨し合っていたことの一部であります。







posted by 絵師天山 at 05:00| Comment(1) | 菱田春草

2011年06月19日

極上の春草展 ホンモノのセレブリティーが、ここに 鷺編その1

  月下白鷺



IMG_2509.JPG


IMG_2552.JPG 同部分


 雲から覗く月を、真っ黒で表現しています。光を感じて、少なくとも白く描くべきところなのですが、春草は、この半月を黒で描いた。

 このことで、白鷺の白さが際立つと共に、通俗的表現から何段階も上のさりげない非凡さを垣間見せたのでした。

 水辺にたむろする白鷺の小群が、月夜の夜遊を楽しんでるという設定には、ほの白く輝いているお月様をもってきてはいけないのです、ね。

 野暮な人は、“何で月が黒いんじゃ?”と言ったかもしれませんが、鷺だって夜遊びくらいしたいんで、夜遊びと言うからには、煌々と照りつける光はいらない、むしろ、薄暗がりの中、夜陰に紛れながら、【飲み会】あるいは、【合コン】で遊ぶ。

 夜通し楽しみたいのであります。

それには、真っ暗闇でもおかしいし、満月でも駄目。 黒い半月・・・・・とは、実に人情の機微を捉えているではありませんか。

 鷺に【人情】と言うのはおかしいかもしれませんが、鑑賞者に対して鷺を擬人化させて、人情の機微を感じる余裕を持たせているともいえるわけです。ナントも粋な計らいではありませんか。

 白鷺から抱く清楚なイメージ、純白の気品、誰しも嫌いではアリマセンね。大天才菱田春草描くところの白鷺の連作をご紹介してゆきましょう。





http://nihongaka.jp/こちらもご覧下さい。





posted by 絵師天山 at 16:19| Comment(0) | 菱田春草

2011年06月14日

セレブの高級ブランド! 大観VS春草 一対の美  続々


  qq.jpg

 明治41年 菱田春草作  【深山夕照】


     VS


 同 横山大観作  【深山朝輝】

  IMG_2608.JPG


先回の対作品もこの二点も、いずれも素晴らしい出来栄えであることは確かです。
しかし、よーーーくご覧下さい。春草作品がどこまでも淀みの無い流麗さで貫かれているのに比して、大観作は、春草に対する逡巡が見て取れます。

 春草作【深山夕照】には、地面の説明すらありません。

 対する大観作品からはほんの僅かな、戸惑いというか、ぎこちなさが、“いやーー、春草君にはかなわんよ!!”と脱帽している感じが伝わってきます。
 勿論大観先生その人が稀に見る大天才であり、押しも押されぬ巨人と言うべき御存在であることは間違いのないところでありますが、春草は別格。

 特別な存在なのです。

大観の巨匠たるゆえんは、春草に導かれての事。日本画芸術にどこまでも殉じたお二人ではありますが誠に好対照でありましょう。











 節電の夏に必須アイテム!!
→夫婦扇発売中
 こちらも、どうぞ、ご覧下さい。





posted by 絵師天山 at 05:18| Comment(0) | 菱田春草