2014年06月19日

魅惑の春草 C


  

   IMG_4301.JPG



               IMG_4300.JPG






   【黒き猫】 屏風作品





コチラも、菱田春草晩年の傑作。

柿の実りを、別に・・・食べたいはず・・もないのに・・

小さな黒猫が丸くなって、さりげなく仰ぎ見ている・・・

その背中には、今盛りなるシオンの花が・・・



何でもない、ちょっと田舎に行けば・・・今でも見られそうな景


とりたたて、目立つ設定もなく・・・・派手さから言えば

残念なくらい地味な・・・・あえて言うこともないくらいの

目立たなさ・・・・



大天才春草は、その目立たない設定をわざわざ六曲屏風という大画面に描いた。


六曲屏風一双ですから、・・・・・

幅も高さも【落葉】の屏風ほどではないが

・・これは、けっこうな大画面。



【落葉】同様、勿論・・・

どこそこの場所・・・・という説明はなく、

地面の説明すらない

ただ色彩を用いない空間=余白が大部分を占め・・・・

そして、紫苑の花と柿の木とに囲まれた黒い子猫が丸くなっているだけ。

しかしそれらも・・・個有色としての説明は殆どせず、

必要最低限の色彩に限定しています。



形態も色彩もこれくらい純化されたものはない・・くらいに・・・

余計な色もなければ余計な形もない。

要らざる事の一切を省略し

“面白いもの”だけで絵にしているのです。



しかし、シオンらしさ、柿の木らしさ、猫らしさ・・・・

現実のシオンでもなければ、柿の木でもなく、猫でもない・・・・が

そのものの“らしい姿”。それらしさ・・・・は最低限残されている。



【落葉】の屏風でも、始めは遠近感に捕らわれて、

説明としてのドハを描き入れたが

途中で地面の説明は要らざるものと気付き、

地面に散らされている紅葉を描くことで

地面の説明に代えたのです。

ドハを描いてしまった作品は途中放棄して

新たに描き直したのが、かの重要文化財指定となった代表作

【落葉】となったことは前にお話しましたね。






【落葉】ではまだ高い写実性を(限定的ではあるものの・・・)極度に利用しているけれども

コチラの 【黒き猫】では写実性すら省略しようとしている。

いらないものを悉く排除しようとする点においては、

この【黒き猫】屏風の方が“抜き差しならない厳しい作品”、と言えましょう。


つまり、この作品は、失明寸前の天才画家が昇りつめた

桁違いの、次元を異にするほどの高さ・・・を見せつけているのであります。


なんでもない、どこにでもありそうな日常を

とんでもない非日常の高みに昇華してしまったのでした。


これは落葉を描いた直後の作品であります。


拡大して見ると、柿の枝には一羽の小鳥が止まっていて・・

丸くなっている黒猫は、きっと、この鳥が目当てなんでしょうね・・・・




posted by 絵師天山 at 17:53| Comment(0) | 菱田春草

2014年06月07日

魅惑の春草 B

 

        otiba1.jpg



              otiba2.jpg






【生死に離れざれば何事も役に立たず】


命がけ!!で、なければ、ホントは・・・・何の役にも立ちません・・ヨ・・

と言う意味の金言です・・・









春草は失明の可能性を体で感じたとき、・・・・

絵師としての、画家生命の、終焉を本気で考えざるを得ませんでした。

幼な子もまだ、幾人もいるし、美しい妻もまだまだ若い。


若くして、初手から、気の抜けたような半端な仕事を、

そんな生ぬるい制作は・・・断じて遺さない!

という気概に燃えていた春草であります。


先輩の作品や、古典的絵画、外国の絵画・・・など

少しでもおかしなところは 容赦なく批判し、

その裏付けとして、・・・・

自己の作品によってその批判を見事に実証して見せ・・・

ずっとその姿勢を貫いて来ました。


周囲は、もう、だれも・・・・彼を批判出来ようはずもなく、

敬意、どころか正直、・・畏怖さえ感じていたかも知れません。

年長者であり、学校でも一級上の大天才、横山大観でさえ

春草を師として扱う程の敬心が・・・確かにあったです。



自分が自分を批判して行くしかない。

自分より以上の存在は、現存していない。

自分が自分の先生であらなければならない・・・・

駆り立てられるかのように、猛進し続けてきたのです・・

挙句・・・・、

誰にも、もう教えようがない、生きている人からはもう何も学べない・・・

これは、

頂点に立っている者のみが知る苦悩であります。

いや、春草の場合は苦悩などではなく・・・むしろ

楽しみ?!  であったのかも知れません。

それほどの、大天才。

が、・・・・しかし・・・・


目が見えなくなる!!!


この理不尽!


なぜ!!!なんで!!!!どうして!!!!!!!


彼は何を思い何を感じたでありましょう・・・


周囲からは夜逃げ! と言われた茨木県五浦での断固たる研鑽の日々・・・から

病を得て、東京へ戻り、代々木に居を定めての療養生活。

今の代々木公園のあたり・・・・

まだ武蔵野の面影が十分残っていました。




命の灯が消えようと・・・失明のどん底が近づいて・・・

万事窮した心・・・・・行き場さえない・・・持て余すほどの懊悩、



五浦は海浜。雄大で太平洋に面した茫洋たる大空間でありました。

天も海も茫漠と広がる・・・・

それに比べ、代々木の森は・・・何ということもない、

特別なものは何もない、こじんまりとした・・・雑木林。


しかし大天才の持て余すばかりの心は・・静かなる木立の野に於いて

その何でもないさりげなさに・・・・

物言わぬ、変わらない景色に・・・・・

ずっと、繰り返し続けられてきた、

何事も無かったような小さな命の営みに・・・

その凡庸さに

知らず識らず・・癒されていったのでありましょう。


また明日もこのまま佇立しているであろう木立を仰いで

また明日も落ちて風に吹かれるであろう落葉を見つめて

梢を揺らす野鳥の声に耳を傾けて・・・その羽音に耳を澄ませて


淡々とした・・・・かわらない、当たり前の如き、日常事が

深深と・・・・心の奥の・・・奥の、奥底に響いて来たのです。


定まった覚悟は、却って心の平安をもたらした?!  かの・・・様に


最晩年の鎮かなる名作が続々生まれます。



夫の命の火が消えてしまう危うい毎日を暮らした妻 千代は、

世界一不幸だったかもしれないけれど

目の前で世界一の名作、傑作が産まれる、という奇跡的な幸せに・・・恵まれました。


“この人は、ホントに・・・・素晴らしい絵を描く・・・”







【生死に離れざれば何事も役に立たず】






       IMG_1763.JPG




            IMG_1762.JPG 


         鴉と雀屏風






 

部分      

IMG_3797.JPG





IMG_3794.JPG






  福井県立美術館の落葉屏風





         otiba3.jpg






               IMG_1752.JPG


















posted by 絵師天山 at 00:30| Comment(0) | 菱田春草

2014年06月04日

魅惑の春草 A


享年37歳・・・と前回申し上げましたが、

菱田春草は明治7年9月21日生まれ。

永眠したのが、明治44年9月16日。

ですから、正確には満37歳の御誕生日を待たずに亡くなった訳です。


【落葉】は、明治42年の制作、春草35歳、

【黒き猫】は、明治43年、36歳の時・・・


大天才菱田春草の代表作品は、何れも、その最晩年

つまり、死を意識する頃に生まれたものであります。



晩年は、絵師として致命的なる失明の危機、・・・・

を体感させられて、さらに、

おそらく、自分の寿命が尽きかけている・・・・ことも、

否応なく、分かっていたことでありましょう。



大天才をして、逆境に喘いだとき、

その天才の発露が・・・・真価が、そこに、結実する。


大天才でなく、凡才であっても、逆境を乗り越える・・

逆境に立ち向かわざるを得ない時に初めて、火事場の馬鹿力が出る、

凡才なりに、逃げずに正面から立ち向かった時にはそこそこ良い仕事が残るもので・・・



文字通り命がけで描いた渾身の名作は、失明と絶命の危機から

人として絵師として、ぎりぎりの状況に立ち向かった時に・・・生まれた・・・

・・・・・のであります。




                 



              IMG_1900.JPG







          IMG_3800.JPG 


           黒き猫   重要文化財指定






 IMG_4304.JPG




             IMG_4309.JPG 



        落葉    重要文化財指定


   



以下、部分図


   IMG_4305.JPG




  IMG_4308.JPG




  IMG_4310.JPG




  IMG_4311.JPG 




  IMG_4312.JPG




  IMG_4313.JPG




  IMG_4314.JPG 







参考・・・同名画題、落葉、屏風作品



IMG_4302.JPG





            IMG_4303.JPG







かの長谷川等伯も、大天才として知られていますが、

その代表作、【松林図屏風】は、これまた大天才と期待されていた息子の死、

暴君秀吉によって死罪とされ、残虐にも理不尽にも・・・殺された・・・・

その哀しみから生まれたものであります。





慢性腎臓炎による心不全。菱田春草、享年満36歳。








 

  
posted by 絵師天山 at 13:39| Comment(0) | 菱田春草

2014年06月03日

魅惑の春草 @



              IMG_1900.JPG
 
  
    【黒き猫】  菱田春草の代表作





この秋、東京国立近代美術館で、

菱田春草展が開催される事は既にお知らせいたしました。

没後100年を記念しての、大々的なる春草展であり、

大いに期待して良いでしょう!!

日本文化の精粋が、集約されるのですから、

日本らしさを取り戻そうと言う昨今のマインドにも合致して・・・

タイムリーな展覧会だ、と大変喜ばしく思い、皆様にお勧めします。


ダヴィンチもピカソもとうてい・・・・その足元にも及ばない・・・

日本の大天才の作品群が勢ぞろい!!!!



       IMG_1728.JPG 




コチラが菱田春草の肖像写真です・・・・・

盟友大観を伴って外遊した折、女性と間違われて閉口した・・とされる程の端正な美男。




百人一首の魅力としての連載に並行して、

今月からは春草の魅力についても大いに語って参ります、

どうぞお付き合いください。




いずれ、国宝指定も当然であろうとされる代表作 【落葉】・・・・

実は・・・同画題で描かれた作品は数点ありまして、

コチラは、失敗作・・・・?

いえ、途中で方針を変えて、改めて作画したので

途中放棄された【落葉】の屏風、部分であります。



IMG_1748.JPG

 


ご覧のように、背景に丘?  のような・・・ドハ?

地面の起伏が薄く描かれていますね・・・・遠近を表現しようとして・・


クリックして拡大してみてください。

これが、描き直し完成された重要文化財指定の屏風 【落葉】になると、

・・・・ドハは完全に消され、地面の説明は一切無くなり

文字通り落ちている落ち葉だけが克明に描き込まれています。


つまり地面の遠近の説明は一切省いて、落ちている落葉を描くことによって

観者は地面を想起する・・・だけ。

描いている方が説明を省くと、観ている方はそれを補う。



説明をしない方が却って夢が生まれやすい。

見る者の想像に任せる・・・



事象や現象、にとらわれ、実在から離れら切れないと

物事の説明がウルサク・・・、その分ファンタジーは消えてなくなる・・・ 


日本的な造形原理がここに明示されているのであります


現代の日本人は、レオナルドダヴィンチほどの写実性には、

やみくもに憧れ、・・・・・

眼もくらむような映像世界に浸りきっているので、

≪写真的な実像≫には必要以上に関心を示し、敏感に反応するが、


省略と誇張とを駆使して、見る目に心地よい美観を生み出そうと

イワユル【余白の美】概念・・・・

に従ってきた日本本来の造形美がわからない。



老いも若きも、カメラ的実在映像に振り回されている時代。


が、

こんな時代でも、【落葉】作品を見れば、その美しさに驚愕せざるをえない。




        IMG_1887.JPG




肝心なところは、生命そのものをつぶさに感じられるほどの

優れた描写を忘れない・・・・・

誇張すべきものと省略すべきものを、しっかり

わきまえて、自由自在に取捨選択し、美しさに変える・・・・・その力。




夭折の大天才、菱田春草。


鳥も、動物も、大地も、歴史も・・・・

すべて描きつくしたその享年は、なんと37歳・・・でした・・・




    IMG_1754.JPG





    IMG_1895.JPG







    IMG_1753.JPG 






          IMG_1782.JPG






    
        IMG_1861.JPG







posted by 絵師天山 at 16:47| Comment(0) | 菱田春草

2014年03月09日

菱田春草展 予告



            001.JPG




 僕の名は黒き猫。

 近代日本画史上、最も有名な黒猫らしい・・・

 僕は明治時代の日本画家・菱田春草の筆から生まれた。

 この天才は、ぼくをわずか数日で描き上げたのだそうだ。

 しかし、彼はその一年後、数々の名作をのこしつつも

 36歳の若さで早世しているから、人生はわからないな。

 そんなドラマチックな生涯を送った、わが主人の回顧展が

 間もなく開催されるらしい。勿論僕も出演する。

 偶然目があったあなたにこそ、ぜひ、遊びにきてほしい。

 今年の秋、東京国立近代美術館の

 「菱田春草展」で、会おう。

 

  2014、9月23日〜11月3日

    東京国立近代美術館
   



 

      002.JPG




      003.JPG





タグ:菱田春草
posted by 絵師天山 at 15:40| Comment(0) | 菱田春草

2011年09月10日

水野美術館 菱田春草展 後編

 続けます。



  【夕の森】



IMG_3536.JPG



 【渓間の秋】


IMG_3525.JPG


【老松双鳩】



IMG_2428.JPG



  【月下波】



IMG_3563.JPG




 【朝之牡丹】



IMG_2430.JPG



IMG_2431.JPG









★   ★   ★



 とにかく、私を含めて、お客様方が、帰らない。

 美しい美術館ですが、地方都市にありますし、夏休みと言っても平日であり、そう大勢が集まると言う雰囲気でもないのですが、しかし、どの方も、じっくり春草に向き合って、うっとり。



 同じ人が会場をぐるぐる繰り返し観ていて、帰ろうとしないのです。うっとり、魅せられて、いつまでも居たいんでしょうねーーー。中には、イスに座り込んで、閉館するまで居るぞ!という気迫を見せている方も。



私だけでなく、随分遠くからの方も居られたのではないかと思います。日本人は凄いですね。たとえ少数でも、知る人ぞ知る。



 良いものはわかる。



 何百年かたった後、このような人が徐々に増えてゆけば、大天才春草の真価が広く、世界に示される日も、ありそう!!



 ちょっと、嬉しくなりました。



 何といっても、水野美術館さんに感謝。ありがとうございます。





http://w2.avis.ne.jp/~nihonga/about/index.html 

 水野美術館はこちらへ















posted by 絵師天山 at 07:23| Comment(2) | 菱田春草

2011年09月09日

水野美術館 菱田春草展 中編




水野美術館での春草展を続けてお伝えしましょう。



【双美摘草】

IMG_2442.JPG




IMG_2443.JPG


IMG_2443.jpg 22.jpg







 二人の、少女のかわいらしい事! 愛らしさで一杯です。絞り模様のおそろい?の衣服と言うアイデアがまた素敵。

 蒲公英みたいな小草が僅かに、控えめに描いてあり、土の香りがして、萌え出ずる春の匂いに包まれるような作品でした。

 

 中景の梅、的確に生え際を描いて、雰囲気作りの主役として、

実に、上手く空間を作り上げていました。





 

 【羅浮仙(らふせん)】



IMG_2584.JPG


IMG_2585.JPG


  羅浮仙、というのは、梅の精。梅の名所羅浮という山に遊んだ人が山中をさ迷っていると美しい娘に会い、勧められるままに酒を酌み交わしているといつしか酔いつぶれてしまう。

 目を覚ますと娘の姿はなく、ただ梅の古木があるのみでした。

と言う、オジサンには実に都合の良い物語。夢の国と言うわけですね。

 白く透明な衣装が足元に重なり、美しいひだを生み出しています。それは綺麗。





 【旭日静波】


IMG_3561.JPG



 題名そのままの作品ですが、三副対のうちの真ん中。(この映像は別作品、良く似ていますが・・・・・・。)

 中央に春草の描く日輪。その左右、左には雲。右には波。大観の作品。つまり、仲良し二人の合作、というもの。



 仲良しとは言っても、三副対の中心、太陽は春草が描いているんですから、年下の春草が年長の大観より・・・・・。









 【秋草】



IMG_3533.JPG





 この作品もちょっと珍しい、琳派風の屏風仕立て。

オミナエシだと思われますが、割と無造作にダイナミックに描いて、空間に金箔や、金泥による装飾的空間を作り、とかく、少女趣味になりがちな花鳥画を落ち着いた、おおらかな表現に昇華しています。春草の琳派風大和絵といった趣がありました。















以下つづく。















posted by 絵師天山 at 20:52| Comment(3) | 菱田春草

2011年09月08日

水野美術館 菱田春草展 前編

IMG_3515.JPG

 月と狐




 春草没後100年記念展 IN 水野美術館  

早朝から、菅平で、高山植物にうっとりした後、長野市内に入り、水野美術館へ行って来ました。遅くなりましたが、ご報告しましょう。

院展巡回展も行われているので、私の作品もここに飾られた事があるわけですが、残念ながら、今回が初来訪。

長野の水野美術館については、http://w2.avis.ne.jp/~nihonga/about/index.html  へどうぞ。


 <没後100年 菱田春草展>  是非、少しはご紹介出来るかと思います。



  【竹に猫】 明治33年  二曲屏風


  

 重要文化財指定の【黒き猫】をはじめ、【春日】など、春草描くところの猫には、定評があり、まるで生きているような猫!と言うことで特に珍重されています。 殊にこの作品は屏風仕立てで珍しく、所有者(水野美術館)も、とても大切にしている様子。屏風なのに、それは豪華な額ぶちに納まり、華麗な床の間に立派に陳列されていました。

 

 水野美術館の展示室入ってすぐのこの純和風の空間がお気に入りの方も大変多いと聞いております。素敵な大床でした。

IMG_2408.JPG


【竹に猫】



 いくつか、春草の描く猫を取り上げてみましょう。

IMG_3524.JPG



IMG_3547.JPG


IMG_3606.JPG



トリミングしてありますが、なんか、とっても良いですねー。

  かわいいでしょう、!?





 

 次いで、【稲田姫】



IMG_2396.JPG



 ヤマタノオロチの生贄にされるクシナダ姫。



 スサノオの命の計略により、酒入りの甕を用意して、大蛇を酔  わせて成敗するのですが、不安と憂いに満ちた姫の表情を白い生成りの衣装で誇張し、画面下、手前の岩の重なりの深さ、濃さと、画面上の怪しいモヤ、暗雲、とを上手く対照させています。


 表装も絵のうち。 表具の素晴らしさもお伝えできれば良いのですが・・。学芸員さんにお尋ねすると、どの作品も表具にはとても気を使っていて、仕立て直す場合も生地は、元のものを生かすそうです。品川の某有名表具屋さんだとか・・・。







つづく








posted by 絵師天山 at 20:49| Comment(3) | 菱田春草

2011年08月09日

日本美術院創立期の菱田春草

伏姫は、“滝沢馬琴の読み本「南総里見八犬伝」に登場する女性。
安房(あわ)領主里見義実の娘。敵将の首をとった愛犬八房(やつふさ)と富山洞にこもり,八房の気をうけて懐妊する。父なくして宿ったことを証明するためみずから腹をきって死ぬ。その傷口から仁義礼智忠信孝悌の八つの玉がとびちり,やがてこの玉が化して八犬士となる。”


犬が主人公のお話、けっこう今読んでも面白いものです。

先回憂いの表情で春草の天才を感じて頂きましたが、最後の【伏姫】は、このような憂いを湛えて、水辺に逍遥しているところです。理解を得られない放心? 諦念?



IMG_2403.JPG


衣装の幾重にも重なる灰色、その鈍い重さ・・、を強調して描く事で、憂いの深さを表現したのです。


さて、春草が美校教員を勤め始めて、これから、と言うときに大騒動が勃発します。

明治31年。美校校長、帝国博物館理事、同館美術部長、として権勢を振るってきた岡倉天心が免官、非職を命ぜられるのです。

春草の師である、橋本雅邦以下、30余名の美校教官は、天心に同情して連袂辞職することとなり、春草も勿論、一同と共に辞表を出し、4月22日依願解嘱となりました。



 教員生活二年足らず。前途に暗雲が??



 春草の短い生涯を辿ると、その波乱万丈に驚かされるのです。将に天才、豪傑、傑物、・・・。しかし、凡人から見れば、大そうな大波乱も、彼にとっては次なるステップでしかありません。

この時も、【禍転じて福と成す】。画家の場合の【福】は、傑作が生まれる事。現実はかなりキツイ事柄の連続ですが、それらをものともせずに邁進してしまう我等が天才、春草様、であります。


天心、クビ! に。


この大騒動のさなか、4月に開かれた日本絵画協会第4回絵画共進会に、春草は【観画】を発表。銅牌第3席を獲得。

しかし、美術ジャーナリズムも展覧会の事より、この大騒動で話題騒然。絵どころではありません。

美校教官30余名は、中から12名が辞表撤回して留任。他は、新団体組織に動き、7月7日。日本美術院が創設されました。



 院展が生まれたのは、このような経緯から。だったのです。



 天心の放埓な言動に端を発した、免官、非職、騒ぎがなければ、日本美術院は生まれなかったのです。

歴史の真実と言うのはそんなものかも知れません。



 天心以下、天心に心から従う人達は勇躍、心機一転!

新団体設立に糾合したのでした。





創設趣意書



“本邦美術の大勢は、明治の風雲に際会して、一旦破壊的変動を受けたりといへども、其の気運漸く熟するに及んでや、尋で保守的方向に復帰し・・・・・・(中略)・・・・・請ふ、幸いに微衷の存する所を諒察し、本院の基礎をして永遠に鞏固ならしめ、其の事業の前途をして、いよよ、進歩発進せしむるに賛同あらんことを。”








posted by 絵師天山 at 06:07| Comment(1) | 菱田春草

2011年08月04日

春草の線


前回、線についての春草自身の語りを読んで頂きましたが、



 人を描き表そうとする時・・・・



 日本画の線の意味は、西洋画にあるが如き、物と空間の間。又は、色と色との間にある経界の線ではなくて、釈迦なら釈迦の円満な顔を描かうと思ふをりに、さふ思ふ意味が出るものが即ち線なのです。

 つまり人が一人いる。これを滑稽の人に描かふか、真面目の人に描かふかといふ処に、例へていはば私等は苦心するのです。




 この一例に、春草が憂いの表情を見事に描き分けているところをお見せいたしましょう。



 春草の大天才のなせる業。苦心?(してるようには見えませんが)の在りようをお楽しみ下さい。





 まず、卒業制作【寡婦と孤児】


IMG_3512.JPG


かなり太い線ですね。戦争でご主人を失い、遺されたものの悲哀が、溢れています。顔の線を繊細に、衣服の線を強く、と言う対比が、心のひだを表す巧妙な手段となっています。





次いで、【稲田姫】


IMG_3514.JPG


この方の憂いは、ヤマタノオロチ、大蛇に身を捧げると言う、深刻なもの。寡婦どころではアリマセン。

白装束にして、袂を深く垂らしていることで、引きずる悩ましさを強調しているんですね。 だいじょうぶかしら!!!!





次いで、【王昭君】



IMG_3519.JPG



この女性も、わが身を犠牲にする憂い。敵国の王の下へ、人身御供で遣わされることを自ら選んだ決意まで表現されています。

ほかの人は、その断固たる、献身に驚くのです。もうここには線らしい線も描かれていません。





次いで、【伏姫】




IMG_2403.JPG



南総里見八犬伝に登場するお姫様。



さてこの方の憂いは、どのようなものだったのでしょうか?












posted by 絵師天山 at 23:25| Comment(4) | 菱田春草