2014年03月10日

特別展 世紀の日本画  日本美術院再興100年



 名画でたどる、近代日本画・美の傑作選

 日本美術院再興100年

 特別展 世紀の日本画

     明日へ続くNIPPONN・・・・・開催中です。




 前期は終了しました、後期3月1日〜4月1日まで

 東京都立美術館 企画展示室





         004.JPG



         005.JPG





      


       天山作品はコチラ・・・

       【ザンスカール】です。



       007.JPG



インダス河上流、

ラダック地方を取材したのは20年前。

海外の風物に心惹かれていた頃です。

ザンスカール河流域の標高5000メートルを超える地に住む

人々が現実に存在することは驚異で、

取材と言うよりは探検と言えるような旅でした。

現在、『古事記』や 『源氏物語』 を題材に

歴史人物画を描くようになったのは、

この様な異郷への憧れの反動なのかも知れません

普遍なる、「人の姿」というものを、

日本人らしく描いてゆきたいと思っています。



             


        御高覧お願い致します







          
【日本画の真髄の最新記事】
posted by 絵師天山 at 01:00| Comment(2) | 日本画の真髄
この記事へのコメント
世紀の日本画展観てきました。先生の絵も拝見致しました。先生の挨拶文と共に心惹かれる題材でした。益々のご活躍を期待してます。
Posted by 村田 富夫 at 2014年03月13日 22:38
本日、世紀の日本画 特別展でザンスカールを拝見させて戴きました
三人の女性の表情に、人の哀れ、強さ、狡猾さを感じ、はらはらと涙が溢れました
この様に感動した作品に出会うのは久々の事です
ありがとうございました
この感動を世界に散らばる友人達へ伝えます
Posted by 寺本 米一 at 2014年03月20日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: