2013年01月16日

【見て学ぶ国史絵画】展のお知らせ   伊勢神宮徴古館

【見て学ぶ国史絵画】展  1月1日〜3月3日
伊勢神宮、神宮徴古館にて開催中です






・・出品画より・・・・・

★本居宣長 古事記伝を完成した国学者   望月春江作

松坂の商家に生まれた宣長は子供の時から学問を好み、小児科医師となって生業としながら、万葉集を学び古事記の研究を大成させた。源氏物語も楽しみ、長年にわたる精密な研究業績は不朽の名作とされる・・・・鈴の屋と称する書斎でのシーンです。



069.JPG




★橋本景岳と三条実萬  井上白楊作

橋本景岳は左内の通称で知られる幕末の志士。福井藩の藩校責任者として松平慶永の懐刀として活躍します。開国か、攘夷かで衝突していた幕政に、一橋慶喜の将軍擁立を画策・・・公家を代弁する三条実萬の協力を取り付け成功させた。が、
安政の大獄で、吉田松陰らとともに刑場の露と消される・・・




071.JPG









★日本海海戦 バルチック艦隊を撃破する  岡精一作

旗艦三笠艦橋で指揮する東郷平八郎大将、ノートを開くのは秋山真之参謀・・・・・





074.JPG










posted by 絵師天山 at 22:47| Comment(0) | 伊勢神宮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: