2012年12月31日

四年前の習作 【古事記】


 コチラは四年前に描いてみた、【古事記 (ふることふみ)】

 常若の心を絵巻物として、神宮に奉納する、と決めた時から、初めてまとまった仕事として

 描いたものでした。

 第94回院展出品作品・・・・縦150センチ横380センチ、結構大作ですね。


 今見直してみると、少し硬い。

 表現が軽い。

 が、試行錯誤が大切・・・・出来ないとあきらめてはダメなんです。

 多少おかしくても、いつか良くなる

 頑張るぞー!! という、意気、こそ、大切。





3b5n.jpg





 
 生涯を賭けても足りない・・・・


 相手は、悠久の大儀ですから。



posted by 絵師天山 at 00:54| Comment(0) | 古事記1300年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: