2018年12月05日

あはれ・をかしの物語展


  【竹取】




            IMG_1110.JPG




この作品は竹取と題して、第69回春の院展に出品しました。
50号のMサイズ。すこし長い四角です。
竹林の闇に光が射す気配と
月の揺り籠に抱かれている産まれたてのかぐや姫様


はげ!?

頭の毛は
生まれたたての赤ちゃんはたいてい解らないくらい薄い
禿げてはいないけれど、
ごく稀に黒々した赤ん坊も居ないではありませんが
こんなに立派なはげ・・・は・・・


月の世界から地球の竹林にイキナリ顕れて
三ヶ月で成人する・・・
つまり、人間よりも美しいが人間では・・・ない・・・
宇宙人みたい、だから、始めは毛が無い方が可愛い?
と思ったので、・・・こう、描きました。


産着も工夫して、
亀甲紋様の地に向い蝶の丸紋・・・
とし、・・・立体感をわざと無視。
新月の細い月の輪に産着を纏った姫を
上手く嵌めようと・・・・



竹林の重厚な暗さは、より神秘感を深める様に・・・・


元光る竹なむ一筋ありける
三寸ばかりなる人
いと美しうてゐたり
この稚子
麗はしき事世になく
屋の内は暗き処なく光満ちたり・・・・

心地悪しく苦しき時も
この子を見れば苦しき事もやみぬ
腹立たしき事も慰みけり・・・



御存じ竹取物語冒頭、
かぐや姫の生い立ちであります。





posted by 絵師天山 at 10:00| Comment(1) | あはれをかしの物語展

2018年12月04日

あはれ・をかしの物語展

展示最終チェック・・・・




           ,,m4.jpg




           ,,m2.jpg




           ,,m5.jpg




           ,,m3.jpg




           ,,m6.jpg




           ,,m1.jpg




照明、配置、高さ、間隔・・・・
それぞれに会場を盛り上げ・・・・


いよいよ明日開幕です!

【あはれをかしの物語】高橋天山日本画展

日本橋三越本店6階特選画廊
12月5日〜10日
8日午後二時よりギャラリートーク
語り部 かたりすと 平野啓子氏が竹取物語を語って下さいます。


御来場お待ちしております。




posted by 絵師天山 at 15:51| Comment(1) | あはれをかしの物語展

あはれ・をかしの物語展

平成30年12月5日〜10日
日本橋三越本店6階特選美術画廊にて
【あはれをかしの物語】個展





          IMG_4358.JPG

          【末摘花】



紅花の古名は、末摘花、すえつむはな・・・・と読みます。
紅藍、ベニアイ・・・とも呼び、久礼奈為、・・・・と書いて
クレナイ・・・と読む。万葉仮名ですね。


末摘む花、と呼ぶのは源氏物語に出てくるくらいの昔。
クレナイ・・、と呼ぶのは、もう、どのくらい前か分からないくらい昔から・・・

紅色の美しさに圧倒された女性が命名した・・・
のではないかと、思うのです。

超欲しィ!!!・・・
クレナイ?・・・・
の・・・


久礼奈為という漢字を当てたのはそんな昔じゃあなく
漢の文字が移入されて
従来のヤマト言葉に字を当てたら
・・・・こう、なった。


ホントに美しい。
画家として、この美しい色が出せなきゃ!?
・・・・・・出せれば大したものだが、
相当する絵の具は無く、
近い感じの色味を出すのさえ難しい。


輝くような、ほのめくような、澄き透るような紅色。

山形県の特産物です・・・、
紅花の畑もキレイ。7月1日に必ず一輪咲く。
これは実に不思議、広ーーーい畑を探すと
必ず気の早い一輪咲きに出会う。

咲き始めは黄色だが、日ごとに紅色に近づく
殊に花の芯から紅がにじみ出したような
朱に染まる黄色を楽しめる
ガクや葉に棘があって触れるとチクチク痛い
それを我慢して花を摘み取って紅モチに加工・・・


紅モチに加工するのには
大変な熟練の技と手間がかかり
出来あがった紅モチは
同じ重さの金よりもズット高値がつく。

大量の紅モチが無いと
紅染めは出来ない・・・・、一反の生地を染めるのに・・・

畑で種蒔きする所から、反物に染め上がるまで
それはそれは・・・深く長い道のり。


紅モチを溶かし出した溶液を頂いたことがあって
少し濁った紅色の半透明の液体・・・
それを、
胡粉の地塗り・・・美しい白さに溢れた、
真っ白な画面に塗ってみた・・・
塗り重ねるごとに紅色が濃くなってゆく
が、乾いて後、何日か経つと
紅色が黄褐色にトーンダウンして行く。
綺麗とは言い難い・・・・


紅染めの衣装は古来
日光には当ててはいけない・・・・・モノ


陽に当てると紅色が消えてなくなる・・・・

あああーーー
紅の御衣装は
深窓のお姫様のみに与えられた特権だった・・
外出する必要のない人・・・だけのモノ・・・

パンピーにとって
それはそれは残念な、・・・貴重な、
この世で最高の・・・・美しい色・・・・


なのに、末摘花と呼ぶ。

末に摘み取るほどオヘチャ・・・?

簡単に言えば、

ブスには誰も声を掛けない
・・・女性の美醜を語れば、
末代まで祟られるのに・・・
ブス!と言わずに、末摘花・・・
と言い換えたのは、日本人の美意識。
思いやり・・・


しかも、ホンモノの末摘花は、
実は
最高の色彩の元ですから・・・・・!!!


もののあはれ、ここに極まる。







posted by 絵師天山 at 01:00| Comment(0) | あはれをかしの物語展

2018年12月03日

あはれをかしの物語展

平成30年12月5日〜10日
日本橋三越本店6階特選画廊
【あはれ・をかしの物語 高橋天山 日本画展】開催
12月8日午後二時よりギャラリートーク
特別ゲスト、語り部 かたりすと 平野啓子氏 による竹取物語を上演します




          IMG_4353.JPG

          【源氏物語・紫の上】




          IMG_4357.JPG

          【同、部分】





          IMG_4341.JPG

          【娘道成寺】



          IMG_4340.JPG

          【同、部分】





          IMG_4344.JPG

          【羽衣】





          IMG_4336.JPG

          【源氏物語・須磨】





          IMG_4338.JPG

          【源氏物語・明石】





          IMG_4346.JPG

          【源氏物語・花散里】





          IMG_4349.JPG

          【出雲の阿国】



          IMG_4352.JPG

          【同、部分】





          IMG_4366.JPG

          【かぞえうた】







posted by 絵師天山 at 01:00| Comment(0) | あはれをかしの物語展

2018年12月02日

消費税完全撤廃!!!

現在8パーセント税率の消費税。
来年は10パーセントに上がる!

おフランスあたりでならとうに反対デモが湧きあがり
ストライキに及ぶ・・・・くらいの事であるにもかかわらず。

日本人はマジメですから、
しょうがないなーー
いやだなー・・・・と心底思っても
・・・でも行動にはなかなか移らない・・・・


まあ、町内会の清掃だって
トン汁がついても、やめとこー、
明日は早いし、近所の人に遭わないよう
今日は静かに暮らそう・・・・
草取りも嫌だし、あの人と出くわすのも面倒だし・・・

NHKの受信料払わない方法もある!!
・・・・?・・・らしいけれど
面と向かって強硬に拒否るのは嫌だし
さりとて、十重二十重に払わざるを得ないような仕組みに
はむかうのも面倒だし
御近所の手前もあり・・・・
ここは、我慢して払ってた方が無難・・・・

えっ!!スマホにも一律受信料課すの!!!・???

えーーーーーっ!!


くそ!!!

それでも行動には移らない・・・・


消費税は・・・

必須のモノへの課税だから公平だな・・・
まして近代国家の常識・・・・だし。
北欧なんか30パーセント?とか・・・・
つまりは、現代人の義務。
つまり、

“撤廃するなんて、言っちゃいけない!”



・・・・・まあ、町内会のお掃除欠席も問題だが、

NHK受信料半ば強制徴収されても
文句の一つも言えないのはもっと問題だし・・・


所得税で取られるよりは消費税で取られた方が良い、
という思い込みに洗脳されているのは

実は、もっと、ズットずっと大問題なんです
!!!!



冷え切った内需、
終わり無きデフレスパイラル・・・
それを挽回するのに
外国人招致・・・
外国人の持ち込む小銭をアテにするだけの愚策。
治安も乱れるのに・・・

賢い人ほど金を使わない時代に・・・

すべて消費税に掛かってます。

世界を金で牛耳っているのは
人口の0,001パーセントにも満たない
ごくごく一部の富裕層・・・というのを良く聞きますが
まあ当たらずとも遠からず。なんでしょうが・・・

弱肉強食

という残酷なルールがまかり通る、世の中は、幸せじゃありません。

買いたいものをとことん我慢する・・・なんて・・・・・
だめだよ、それじゃあ・・・・
金力で牛耳ろうとする連中の成すがまま
・・・・・











posted by 絵師天山 at 15:00| Comment(0) | 歴史の真実

2018年12月01日

あはれをかしの物語展

竹取物語絵巻の表装が出来上がって
この度の個展出品作品の柱となります。
表具は、岐阜の“ゑ絹”さん


シンプルで上品な仕立てにしていただきました。その全貌をお見せしましょう。
勿論、映像で満足されない方は、会場にお運びください。




          
          IMG_4495.JPG




          IMG_4406.JPG






          IMG_4486.JPG





          IMG_4484.JPG





          IMG_4482.JPG





          IMG_4488.JPG





          IMG_4490.JPG





          IMG_4479.JPG





          IMG_4480.JPG





          IMG_4478.JPG





          IMG_4474.JPG





          IMG_4477.JPG





          IMG_4476.JPG





          IMG_4475.JPG





          IMG_4473.JPG





          IMG_4469.JPG





          IMG_4468.JPG





          IMG_4465.JPG





          IMG_4456.JPG





          IMG_4463.JPG





          IMG_4461.JPG





          IMG_4458.JPG





          IMG_4454.JPG





          IMG_4442.JPG





          IMG_4443.JPG





          IMG_4452.JPG





          IMG_4451.JPG





          IMG_4441.JPG





          IMG_4445.JPG





          IMG_4439.JPG





          IMG_4433.JPG





          IMG_4434.JPG





          IMG_4449.JPG





          IMG_4447.JPG





          IMG_4432.JPG





          IMG_4431.JPG





          IMG_4419.JPG





          IMG_4413.JPG





          IMG_4417.JPG





          IMG_4411.JPG





          IMG_4415.JPG





          IMG_4429.JPG





          IMG_4430.JPG




今はとて天の羽衣着るをりぞ君をあはれと思ひいでける

逢ことも涙にうかぶ我が身には死なぬくすりも何にかはせむ

御文、不死の薬、並べて火を付けて燃やすべきよし、うけたまはりて
つはものども山へ登りけるよりなん その山をふじの山とは名づけける・・・・・






          


posted by 絵師天山 at 23:28| Comment(0) | あはれをかしの物語展