2018年11月08日

【あはれをかしの物語】個展

12月5日〜10日
日本橋三越本店6階特選画廊
【あはれをかしの物語】個展出品作品より





IMG_4228.JPG

【不二山】

かぐや姫を月の世界に連れ戻してしまった天人達が、ご褒美にくれた“不死の妙薬”。
かぐや姫が居ない世界で不死になっても仕方がない、天に一番近いところで燃やしてしまいなさい、と
御門はおおせになり勅命を受けたもののふ共が、その頂で妙薬を焼いたのでその山を不二山と名付け、
転じて富士山と言う。
つまり、実に古き良き御名前であります。





          IMG_4149.JPG

          【雛】(ひいな)

江戸時代中期〜後期、今に伝わる極めつきの美しい雛人形が造られました。都大路の地場産業として栄えたのでしょう。そもそもは、女の子の無事な生育を願い、身代わり=カタシロとして人形を川に流す、
のが本来の役目。
美々しく飾りたて子孫まで家宝として伝えたりしてはマズイわけですが、日本人はそこにさらなる愛惜を感じて、後世に残るほどの優美な雛を生み出すことを誇りとして来たのだと思います。
          




           IMG_4150.JPG



           IMG_4151.JPG

           雛の部分





          IMG_4256.JPG

          【羽音】

嵯峨野の床しい景観は広沢池あたりで一つのピークに達します。
伊勢の新斎宮を伴って、かの六条の御息所が仮住まいしたのはこのあたり?
時の流れが静止してしまった様な静寂。
殊にむし暑い夏に訪れると、鳥たちの羽音が翠の中にやさしく響き渡るのです。




          IMG_4258.JPG

          部分図





          IMG_4136.JPG

          【天の河】

月を眺めるほどの広い場所ではなく、樹間より覗く銀河も麗しい。













posted by 絵師天山 at 23:40| Comment(0) | あはれをかしの物語展

【あはれをかしの物語】個展

12月5日〜10日
日本橋三越本店6階特選画廊
【あはれをかしの物語】個展出品作品より


          IMG_4316.JPG

          【かぐや姫昇天】

月の世界に還る、というのはいったいどういうこと?
米軍月駐留部隊に参加?・・・・・まさか
昇天し、星座に成りました、というのがコチラ。
額縁にも天の川を描き入れてみました。





         IMG_4296.JPG

         【天神様】

菅原道真公程、理不尽な扱いをされた高官は居ません。
群を抜く知性と教養に溢れた非の打ちどころなき人物でありましたが、
藤原一門でなかったのが唯一の欠点。
妬みを買い左遷!
都を想いつつ大宰府にて客死。
その直後から宮中を狙いすましたような天災が打ち続く・・・・

タタリじゃーー!

こう言う場合、怨霊の祟りを鎮めるには、神様に昇格戴くのが常道。
平将門もそうだった・・・・今では学問の神様としてそれはそれは
尊崇される偉い神様ですね。





         IMG_4140.JPG

         【秋霜】

紅葉は北の国から、高い山から降りてくる、
山地の鮮烈なる赤い紅葉は、このナナカマドが主役
それは真紅に、・・・・
晴れ渡る日よりも風が凪いで霧がかった様な日がキレイ





         IMG_4287.JPG

         【池の面の月】

伊勢物語、西の対より・・・
深く心に残る、もう今は会えない人・・
彼女はヤンゴトナイ世界に行ってしまった・・・
懐かしさのあまり逢瀬を重ねた屋敷を訪れてみたものの・・・
池の面に映る半月のみ仄かに揺れて・・・

月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ わが身ひとつは もとの身にして





         IMG_4145.JPG

         【蝉しぐれ】

濃き翠の中のウルサイほどの蝉しぐれの静寂




         IMG_4143.JPG

         【汀】

水際に佇む白鷺は、じっと、動かない・・・と思ったら
そーーっと足を差し出す、
ゆっくりと、前へ、そして、また動かない・・・
哲学者みたい、だが、エサ探してるだけだよ。





         IMG_4138.JPG

         【月下を行く】

月明かりの淡き光芒のなか、番いの白い鳥が、音もなく・・・どこかへ














posted by 絵師天山 at 00:07| Comment(0) | あはれをかしの物語展